大阪では家全体ではなく家の一部をリフォームするのがおすすめ!

広い部屋

結露が悩みでしたが、リフォームで改善

大阪で古い家をリフォームすることになりました。
築40年の家なのですが、冬になると、隙間風や、窓ガラスに結露がでるのが、悩みでした。毎朝窓についた水滴をふき取るのが日課で、取り忘れたりすると、カビが映えたりしました。カーテンにカビが生えた時は、買い替えました。リフォームをすることになって、一番に窓のことを考えました。
今はペアガラスがあるようで、このガラスにすることで、断熱効果があり、結露も減るというのを知り、ペアガラスにすることにしました。予算を抑えたいので、まどのサッシはそのままにして、窓だけペアガラスにしました。
それでも完成してみると、かなり結露が軽減しました。
またお風呂場の湿気も気になっていたので、この際窓を大きくして風通しを良くすることでよかったです。おかげでカラッとした浴室になりました。あとはドアも古くなったものを交換したのですが、最近は勝手口なども網戸になるものの売っているので、ドアを閉めていても、ドアの小窓のレバーを引くと、小窓が網戸になるので、風が通ります。部屋の空気がこもると、湿気がたまるので、短い時間でもこまめに換気をしておきたいので、その希望に沿うドアをいろいろと住宅リフォーム会社が提案してくれました。
そして風呂のリフォームで、前は折り戸でしたが、今回は風呂の戸も、ドアの形にしました。折り戸が前は主流だったのですが、最近はドア型や、引き戸型が多いようです。

NEW INFORMATION

リフォームで理想の家に近づけていく

「一生に一回の買い物」と言われているものの筆頭として挙げられるのが「家」を新築・購入することです。しかし、同時に「3回建てて、やっと満足の出来る家が建てら…

»more

結露が悩みでしたが、リフォームで改善

大阪で古い家をリフォームすることになりました。築40年の家なのですが、冬になると、隙間風や、窓ガラスに結露がでるのが、悩みでした。毎朝窓についた水…

»more

リフォームに伴う段差の解消

家の中にある段差を、リフォームによって解消したいと希望する人は、数多く見受けられているのではないかと考えられています。実際に、このような目的でリフォームに…

»more

住宅の気になる点をリフォームしてすっきり

注文住宅を建てて住み始めてから数年もすれば、その住宅の良し悪しがわかります。建てる前に想像していたことと実際はどう違うのか、それが浮き彫りになります。注文…

»more

POST LIST

NEW POST

2016年12月14日
住宅の気になる点をリフォームしてすっきりを更新。
2016年12月14日
リフォームに伴う段差の解消を更新。
2016年12月14日
結露が悩みでしたが、リフォームで改善を更新。
2016年12月14日
リフォームで理想の家に近づけていくを更新。
TOP